薬剤師の周辺状況

国家資格の中でも安定性という点に於いては他の追随を許さないとされている薬剤師。かつては4年制の大学を卒業した後に国家試験を受験し、合格する事で晴れて薬剤師となる事が出来たものですが、法改正により、6年間大学に通わなければならなくなりました。ドラッグストアを見れば高い時給で募集されている薬剤師のお仕事。時給を見れば誰もが羨むとされていますが、時給のみならず、「薬剤師」という資格があればすぐにでも働く事が出来るため、産後の職場復帰も容易とされてきました。近年でこそ、様々な職場で出産に対しての理解が深まりつつありますが、かつては「出産=退社」と言っても決して過言ではない状況でした。

そのため、一度出産してしまうと社会人復帰する事が難しいとされていたものですが、そのような時であっても薬剤師であればすぐにでも社会復帰出来るとされていました。もちろん現在も変わっていません。出産して退社したものの、子育てが落ち着いてきたから仕事をと考えた時、薬剤師の求人はとても多いため、すぐにでも仕事にありつく事が出来るのです。このような特徴を持っているため、女性に人気の職業とも言われている薬剤師ですが、近年の薬剤師の求人傾向はどのようなものとなっているのか。ドラッグストアがコンビニ化されていると叫ばれている中で、薬剤師の求人傾向や在り方はどのような形となっているのか。気になっている方も多いようですので、説明させていただきます。



○関連情報
日本全国各地で薬剤師不足が常態化しており、このような専門の求人サイトも数多く出てきています >>> 薬剤師求人サイト

薬剤師不足

基本的に、日本全国各地に於いて薬剤師は足りていないとされています。薬剤師不足が叫ばれていますが、厳密に言えば薬剤師が足りていないのではなく、ドラッグストアが増えすぎているとも言われています。先にもお話・・・

薬剤師のお仕事

薬剤師不足のおかげで薬剤師の求人はとても多いです。薬剤師を求めている職場はドラッグストアだけではないのですが、ドラッグストアの急増のおかげで薬剤師の全体数が足りていませんから、業界全体として「薬剤師・・・

給与水準

給与水準の傾向はと言えば、年々揺るやかにではありますが低下傾向にあるとされています。ですがこれには様々な見方があります。薬剤師の世界だけではなく、景気の変動のおかげでどの業界も給与は低下傾向にあるとの

Copyright (c) 2014 薬剤師求人にはどのような傾向があるか All Rights Reserved.